くすりのMidorisun
花粉症の季節になりました。

ちょっと、暖かくなると、赤茶に変身したスギの木

から、花粉が飛び散っていきます。

スギ花粉に敏感に反応する方が多いですね。

圧倒的にスギの数が多いですもの。

なぜアレルギーが起こるのか?

花粉症もアレルギー性の病気です。

突然今年からという人もいます。

アレルギー体質の傾向が強い人が

かかることが多いと言われています。

とくにダニの死骸などのハウスダストのアレルギーの

ある子供の70〜80%は花粉症があると

言われています。

アレルギーのない子は30%以下しか花粉症に

なっていないデータもあるようです。

たとえば、

食生活で見てみると、

インスタント食品、ファーストフード、コンビ食

スナック菓子ばかりを食べていると、

身体の中では、化学薬品(添加物、防腐剤)などを

多くとっているので、要注意です。

身体の中でアレルギー反応が起きやすい状況です。

肉なども血液が酸性化するので起きやすくなります。

また、生活習慣では、

夜更かしによる睡眠不足や、ストレス、

不規則な生活なども、自律神経が乱れ

免疫機能が正常に働かなくなることによって、

アレルギーを引き起こす原因になります。

またこの頃はスギの生息している地区の方より

都市部の方の方が多く花粉症が出ているそうで、

都市型では、廃棄ガスなどによる大気汚染なども

花粉症に影響していると考えれています。

では、なんとか、アレルギーを起こさない方法や

起きても軽く済む方法はあるでしょうか?

まず、食事から見直して見ましょう。

○人間は食事をとると、

口→食道→胃→腸→大腸→結腸→肛門

と動いていきます。

栄養を吸収するのは小腸からです。

腸は脳や血液に重要な司令を行なって

います。

アレルギーも腸内にある腸内環境の状況から

強くでたり、出なかったり、あるんです。

それは免疫細胞が腸内で作られるからです。

本日はここまで、

次回は、腸内とアレルギーについて。

本日はお付き合い下さいまして

ありがとうございました。

薬剤師 平野 順子

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOPへ